福田会について

福田会育児院としてはじまった
福田会の歴史

福田会は1876(明治9)年、今川貞山・杉浦譲・伊達自得の三名の発議により創立され、寺院を中心に日本で最初の児童養護施設の運営を開始しました。福田会の名称は、田園を耕し種をまけばまくほど秋になると収穫が多く得られるように、人間社会においても「善い行いの種をまけば多くの幸福の実が得られる」という仏教の福田(ふくでん)思想に基づいています。1910(明治43)年に渋谷区広尾に移転し、2016(平成28)年には創業140年を迎えました。
 
現在は、児童養護施設「広尾フレンズ」や福祉型障害児入所施設「宮代学園」など、6つの事業所を運営しています。
2012(平成24)年には都内で充足率の低かった高齢者施設の都市型軽費老人ホーム「広尾グリーンハウス」と認知症高齢者グループホーム「グループホーム広尾」を開設しました。さらに、2014(平成26)年に第2種社会福祉事業放課後等デイサービス「広尾てくてく」、2015(平成27)年には第2種社会福祉事業就労継続支援B型「広尾ジョイワーク」を開設して運営を始めました。
 
福田会は、ポーランドとの歴史的なつながりを持っています。第一次世界大戦後の1920(大正9)年、シベリアで孤児となっていたポーランドの子どもたち375名が日本赤十字社の援助のもとで来日し、当時の福田会育児院は彼らに無償で宿舎を提供しました。子どもたちは次第に健康を回復し、369名が無事に祖国ポーランドへと帰還しました。帰国の際、ポーランドの子どもたちは泣いて別れを惜しんだといいます。この日本の人道支援事業はポーランドではよく知られており、学校の教材にも使われているそうです。
しかし、この事実は長い間歴史の中に埋もれてしまっていました。2009(平成21)年、ヤドヴィガ・ロドヴィッチ=チェホフスカ 駐日ポーランド共和国大使が福田会の前を通りかかり、シベリア孤児について話してくださったことをきっかけに、ポーランドと福田会との交流が始まりました。
 

当時の福田会斜面での孤児たちの写真。現在もこの写真と同じ場所に福田会はあります。

 
2012(平成24)年には、アンナ・コモロフスカ ポーランド共和国大統領夫人がポーランド孤児救済90年の節目に公式訪問され、利用者の皆さんと交流をされました。また、2019(令和元)年には、ポーランド孤児救済100周年を記念して、アガタ・コルンハウゼル=ドゥダ ポーランド共和国大統領夫人が公式訪問され、現在もポーランドとの友好的な交流が続いています。