沿 革

1876(明治9)年

各宗の高僧の発議により福田会を創立。寺院を中心に児童養護施設里親委託等を開始。

1879(明治12)年

日本橋に事務所を開設。福田会育児院とする。

1898(明治31)年

社団法人 福田会を設立。

1910(明治43)年

渋谷区広尾(旧町名·宮代町)に移転し、現在に至る。

1920(大正9)年

シベリアで孤児となったポーランドの子どもたち365名を受け入れる。

1921(大正10)年

財団法人 福田会に組織を変更。

1948(昭和23)年

養護施設「福田会東京本院」として認可される。

1952(昭和27)年

社会福祉法人 福田会に組織変更。

1959(昭和34)年

精神薄弱児施設「宮代学園」(女子15名)を認可を得て併設する。

1988(昭和63)年

宮代学園が定員30名(男、女)に増員。

1996(平成8)年

グループホーム(恵比寿ホーム)開設

2009(平成21)年

グループホーム(スターハウス)開設

2012(平成24)年

都市型軽費老人ホーム「広尾グリーンハウス」開設
認知症高齢者グループホーム「グループホーム広尾」開設

2013(平成25)年

東京都専門機能強化型児童養護施設改築竣工。施設名称「広尾フレンズ」に変更

2014(平成26)年

福祉型障害児入所施設「宮代学園」改築竣工
第2種社会福祉事業放課後等デイサービス「広尾てくてく」開設

2015(平成27)年

第2種社会福祉事業就労継続支援B型「広尾ジョイワーク」開設

2016(平成28)年

創立140周年を迎える。